《牛革製》うさぎマークのレザーミニ財布/ボルドー

《牛革製》うさぎマークのレザーミニ財布/ボルドー

2900円

《牛革製》うさぎマークのレザーミニ財布/ボルドー

《牛革製》うさぎマークのレザーミニ財布/ボルドー:私たちは毎日「パーソナライズテクノロジー」の約束を約束します。 こんばんは。 本日、届きました。 色も形も可愛いお財布です。大切に使わせて頂きます。有り難うございました。m(_ _)mネットワーク全体の最低価格に挑戦,当季大流行,2021年新作入荷《牛革製》うさぎマークのレザーミニ財布/ボルドー





【こちらの作品は受注制作になります】
恐れ入りますが、あらかじめご了承下さい。
※ ご入金確認後30日程度で発送。
ギフトラッピング不可

《牛革製》うさぎマークのレザーミニ財布/ボルドー

高級感ある風合い深みのあるボルドーとうさぎマークが魅力的なレザーミニ財布☆

コンパクトなサイズなので小さいバッグに必要最低限な物だけを入れてお出かけするのに最適です。

カード類が多い方にはサブのお財布としていかがでしょうか!


※ウサギマークなしも可能です。
ご購入の際オプションからご選択ください。

■素材:国産ヌメ牛革
■サイズ:約7.5×12×4cm
■収納:小銭入れ×1:ポケット×2
(カード1、2枚程度、お札は三つ折り収納)
■color:ボルドー/bordeaux


????他の作品はこちらから
※特集掲載された作品が沢山あります


❤︎ご購入を頂いたお客様からの口コミレビュー
→@stylish-k/reviews

《商品イメージ動画》
Blf3p7DgCXU/


——— keyword ———
プレゼント ウェディング パーティー
ギフト プチギフト 新生活 新調 おすすめ
人気 レザー 本革 皮 ウサギ
かわいい お洒落 おしゃれ オシャレ
ワイン 赤色 財布 ミニ財布 長財布 小さい
ミニマム キャッシュレス 春財布

  • 財布
  • ボルドー
  • ミニ財布
  • ギフト
  • うさぎ

性別

  • レディース
  • ユニセックス

素材

  • レザー・革
  • 金属
作品情報
在庫数 1 点 サイズ 上記参照

■配送
※レターパックプラス
〔保証なし、対面お届け、追跡あり〕
※受注制作のため日時指定はお断りしております。
※発送までの目安は土日祝日を除く日数になります。
■ラッピングは只今中止しております。
簡易梱包になります。


《ご注文前にご確認お願い致します》
■使い込むうちにうさぎマーク《箔》は徐々に剥がれていきます。気になる方はうさぎマーク無しをご選択下さい。
■受注生産のため、返品、交換はお断りしております。気になる点がありましたらご注文前にお気軽にご質問ください。
■天然皮革ですので細かなキズ、個体差などある場合がございます。本革の味ということでご理解下さい。
■留金具など仕入れ時からの細かな傷などある場合がございます。気になる方はトラブル防止の為、注文をお控えください。
■お使いのスマホ、pcのディスプレイにより掲載画像の色合い、質感などが実物と異なって見える場合がございます。

高級レストラン"また行きたい"偏差値【2022年1月最新版】

  • フレンチ イタリアン 中韓焼肉 和食 その他 
  • アルファベット表記は海外
  • 私の主観的な"また行きたい"偏差値です。味や店の優劣ではありません。
  • 閉店分を削除するなどメンテしました(2021年2月)。過去版はコチラ


【保存版】高級レストランでナメられないためのマナー集

高級レストランには一種独特の雰囲気があります。「なんだか店に値踏みされているようで居心地が悪い」と感じる方が多いかもしれませんが、その通り、店は客のことを値踏みしています。

「お客様は平等に扱う」なんてのは大ウソです。レストラン業界には『ソワニエ(大切におもてなしするべき客)』という言葉があるくらいであり、一流の客や金払いの良い常連・重い客に対しては恭しく接し、どう見ても場慣れしていない一見客に対しては、人間だもの、おざなりな対応になるものです。

そこで、「高級レストランにあまり行ったことは無いが、ナメられたくはない」と考えるワガママな貴方のために、高級レストランにおけるマナーを整理しました。結構な長文となってしまったので是非ブックマークして頂き、必要に応じて読み返して頂けると幸いです。

湯島天神下 すし初/湯島

定期すし初。引き続き席数をグっと絞っての営業なので、常連としては居心地が良い日々が続いています。
この日のラインナップはこんな感じ。良く飲むメンバーでお邪魔したので、遠慮するだけ時間の無駄とばかりに気持ちよく酔っぱらうことができました。
シイタケをバリっと炙り卵黄のソースで頂きます。素材そのままながらリッチな味わい。日本酒にもピッタリです。
じっくりと火を入れた玉ねぎにパルミジャーノ・レッジャーノをすりおろします。これはもう、一体、何料理なのでしょうか。素朴なイタリア料理的でもあり、コクのある白ワインが欲しくなります。
はらがわ。カツオのまさに腹の側であり、久しぶりに食べたなあ。ビッタビタの脂が炎でジュワジュワに炙られ日本酒でゴクゴク。最高のお酒のお供です。
お造り第一弾。この日の大将は雷にでも打たれたのか炙り芸に凝っており、淡泊なタネながら旨味が凝縮した味覚です。タコのコリコリ感がすち。
見て下さい、この脂の量を。コッテコテにしてやんよ。正直本マグロの大トロなんかよりも全然美味しい。マグロとは高価だから旨いのだ。
何このお椀、絵面強過ぎる。内容物はたっぷりのブッラータにカニ、イクラ、そしてシャリ。こちらも一歩間違えればイタリア料理的なのですが、シャリの酸味がアクセントに心地よい。
アナゴに白子。濃厚にして濃密な味覚でありお酒がジャンジャン進みました。
サーロインステーキかと見紛うほどの大迫ナメタカレイ。旨い魚で腹が膨れるとは贅沢の極みです。
にぎりに入りましょう。茹で上げのビッグな海老をムッシャムシャに頂きます。思わず目を閉じ頷いてしまう味わいでした。
ヘッドはバリっと焼いて余すところなく楽しみます。日本酒に良く合うんだなこれが。
イサキもババっと炙っており、第一印象は香ばしく、噛みしめる程に程よくのった脂の味覚が活きてきます。
ソイにミモレットチーズ。蛮勇ともいうべき組み合わせであり、生のソイにミモレットをすりおろした料理人は恐らく世界初でしょう。
まさかの親子丼。メタボ気味な身にイクラの塩気が心地よい。何だか今日はコッテリしたタネが多くて飲んじゃうなあ。
ヅケはマグロの酸味を活かして口腔もリフレッシュする試み。何もトロばかりがマグロではないのだ。
大ぶりの牡蠣をやはり炙って凝縮感がマシマシです。思わず豊か~とため息をついてしまうほど、海の風味が詰まった逸品です。
〆は鰻に奈良漬を巻き込みます。鰻の美味しさは当然として、奈良漬けのパンチのある味覚が実に良く合う。程よいアルコール感がさらなる酒を呼び、明日以降の峻烈な二日酔いは約束されました。それでも後悔はありません。反省はありますが。

食べログ グルメブログランキング
カメリアつき NO.5 香水瓶 香水ボトル ゴールドピアス シャネルストーン追加可能レインボームーンストーン マクラメ編みブレスレットNO, THANKS ~ねこシリーズ~  iPhone6ケース【受注生産品】黄色和柄リボンマム♡ダリアと紫色タッセル コーム☆髪飾り☆四角い ヘアゴム クリアブラウン 茶色デザインチップ送料無料 【新品 男女兼用】角砂糖命!働くアリTシャツ 全3色 各種サイズございますミニトートバック 黄茶
フローライトのマクラメリングYK205*マスクアリッサムの宝石(オーバル)ピアス/イヤリングトールペイント トイレ 表札クレベリンホルダー(スティックタイプ)*リバティ/Nancy Animal(ナンシーアニマル)*感染症対策にヘアゴム、ポニーフック、バッグチャーム手書きロゴネイル????????ワンポイントタトゥーシール 水無しで貼れる hwt 1


関連記事
鮨は大好きなのですが、そんなに詳しくないです。居合い抜きのような真剣勝負のお店よりも、気楽でダラダラだべりながら酒を飲むようなお店を好みます。
この本は素晴らしいです。築地で働く方が著者であり、読んでるうちに寿司を食べたくなる魔力があります。鮮魚の旬や時々刻々と漁場が変わる産地についても地図入りでわかりやすい。Kindleとしてタブレットに忍ばせて鮨屋に行くのもいいですね。

ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄(Hyatt Regency Naha Okinawa)

1年ぶりの「ハイアット リージェンシー 那覇 沖縄」。前回お邪魔した際はコロナ真っ盛りで、バーを始めとする設備が臨時休業しておりシュンとしてしまいましたが、今シーズンの滞在はいくらか稼働がマシになっていました。
車寄せで荷物を預け、流れるように18階のクラブラウンジでチェックイン。このあたりの運用は目を瞠るスピード感であり、年間100回はチェックインするチェックイン検査官の私としては溜飲を下げる思いです。
ウェルカムドリンクとしてオリオンビールを用意して下さり、内地の人間としては心温まる瞬間です。ちなみに当館のクラブラウンジにはオリオンビールが常設されており、クラブフロア宿泊者ならびにグローバリスト(上級会員)であればいつでもいくらでも楽しむことができます。だからといってガブガブ飲むわけではありませんが、「いつでもいくらでもご自由に」というのは精神衛生上たいへんよろしい。
お部屋は「リージェンシースイート ツイン」にご案内頂けました。今回の来沖の目的は避寒のためであり長く長く滞在するので、予めある程度の広さのお部屋を確保しておく必要がありました。
ネットの速度は中々のもの。テレビはリビングベッドルームそれぞれに配置されているのですがChrome Castは装備されておらず、またテレビそのものの設定もホテル仕様に変更されていたのでFireStickTVの接続には難儀しました。持ってきたから意地でも繋いだけど。
こちらはベッドルーム。ベッドは米シーリー(Sealy)社のものであり、程よい硬さが心地よい。
ところで今回のお部屋はトータルで80平米ぐらいあるんかなと勝手に思い込んでいましたが、数値そのものは意外にも56平米に留まります。それでもこの広がりを感じさせる空間設計は練りに練られた動線の賜物でしょう。
大きな窓からの那覇市街を一望。那覇には高層ビルがあまりなく、また、当館はやや高台に位置しているため空は開けています。ただし海が見えることはなく、どちらかというと築年数の古い小汚いビルが支配的なので(そもそもこのあたりは沖縄唯一のゲイ・タウンとして有名な桜坂エリアだ)、夜景もあまりロマンティックとは言えません。
ミニバーにつきスペースは広々としており使い勝手が良いのですが、コーヒーがネスプレッソでないのが残念。もちろんワンフロア上のクラブラウンジに行けばエスプレッソマシンや様々なお茶も用意されており、何ならオリオンビールで万歳することも可能なので問題ありません。
ドーンとでっかいウォークインクローゼットは無いのですが、ありとあらゆるデッドスペースが収納化されており、こんまりがコンサルティングに入っているのではないかと思わせる程の使い勝手の良さでした。
ウェットエリアの設計が面白く、水槽のようなガラスばりとなっており、リビングを通り越して窓の外まで見渡すことができます。ニューヨーク在住のハリウッド女優のようなライフスタイルであり、自然光でメイクが捗るというものです。
ハイアットリージェンシーと言えば「PHARMACOPIA (ファーマコピア)」の印象が強いですが、当館のアメニティにはイタリアの「ACCA KAPPA(アッカカッパ)」が採用されていました。
バスルームはかなりのサイズ感で、そのへんの茶室よりも広々としています。ゆうゆう足を伸ばすことのできるバスタブが心地よく、天井から湯が降り注ぐ仕組みのレインシャワーもクセになる楽しさ。またシャワーを出したりお湯を張ったりのUI/UXがボタンひとつで素晴らしく、ここまで機能的なバスルームは生まれて初めての経験かもしれません。
トイレは完全な独立型とは言えないまでも、まあ、なんとかガラス戸で区切られてはいます。
さてお待ちかね、カクテルタイムです。この時期のカクテルタイムは17:00-19:00に設定されていましたが、コロナによって変動はあるかもしれません。ちなみにクラブラウンジのお隣は「ザ・バー(the bar)」という名のメインバーであり、外来での利用もOKです。
ハイアットリージェンシーのカクテルタイムにおける課題はワインにあると常々感じており、当館のワインもやはり1本千円かそこらのものであり心が沈みました。まあ、ここは沖縄である。オリオンビールと泡盛を中心に楽しむよろし。
ホテル側は「軽食」と謙遜していましたが、料理はかなり充実しており郷土料理も幅広く提供されているので、そのへんの観光客向けの沖縄風居酒屋へ行くよりは満足度が高いでしょう。
それでも私は毎晩お外へ飲みに行きたいタイプなのでカクテルタイムは殆ど利用しませんでしたが、ゴルフやダイビングを主軸に置いた旅で外食の予定が無いのであれば、カクテルラウンジで全てを済ませてしまうのも作戦としてはアリかもしれません。
朝食につき、クラブフロア宿泊者はクラブラウンジで摂ることはもちろんのこと、2階のダイニング「sakurazaka(サクラザカ)」も利用することができます。客層の良いクラブラウンジか料理が豊富な2階かで迷うところですが、当館の美点は家族連れが少ないことにあり、結果として2階の客層もそう悪くないので、クラブフロア宿泊者の多くが2階を利用していました。
ちなみに朝食時のクラブラウンジはこんな感じ。ギャーギャーうるさい家族連れを避けるゲストばかりが集まっているためか静寂に包まれています。それでもオムレツ担当官を用意しているのは嬉しい。
くどいようですが、当館の魅力は沖縄のきちんとしたホテルでありながら子連れ客が少ない点にあります。前回お邪魔した際は高級ビジネスホテルと揶揄してしまいましたが、よくよく考えれば客層がアダルトに保たれているという意味で、那覇の高級ホテルにおいては稀有な存在かもしれません。
どこへ行くにも便利なので(何なら日帰りで東京も可)、那覇でワーケーションするなら当館一択という結論に至りました。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
1年で10回は沖縄を訪れます。1泊15万円の宿から民宿まで幅広く。
沖縄通を気取るなら必ず読んでおくべき、大迫力の一冊。米軍統治時代は決して歴史のお話ではなく、今の今まで地続きで繋がっていることが良くます。米軍の倉庫からかっぱらいを続ける悪ガキたちが警官になり、教師になり、ヤクザになり、そしてテロリストへ。沖縄戦後史の重要な事件を織り交ぜながら展開する圧巻のストーリー構成。オススメです。

うしごろバンビーナ 恵比寿本店 (USHIGORO Bambina)

西麻布の人気焼肉店「うしごろ」のセカンドライン「うしごろバンビーナ」。恵比寿駅から徒歩5分ほどの飲み屋街に位置します。私はうしごろ系列のお店が結構好きで、「肉割烹 上(じょう)」「USHIGORO S(うしごろエス)」「うしごろ 貫(かん)」など色々お邪魔しています。当店は食べログで百名店に選出。
店内は小さめのガスコンロが鉄板が設置されたテーブル席が中心で、トータルで40席ほどでしょうか。軒先にテラス席があるのが面白い。排煙設備の能力が抜群で、ホルモンなどモクモク系のものを食べても煙臭いと感じたことは1ミリもありませんでした。
香るエールが500円と、このあたりの飲み屋としてはお値打ちな価格設定。この後はワインを楽しんだのですが、ボトルが2千円台と良心的で、これはもう酔っぱらうしかありません。しかも、コースを注文すれば飲み放題は2千円です。
他方、白菜キムチは500円と値段だけを聞くと安いのですが、ポーションが小さくまあこんなもんかという印象。
うしごろサラダも500円。こちらは1人前を2人に取り分けてもらったサイズです。
赤身牛のカルパッチョは800円で、額面だけを取れば安く感じるのですが量は少なく、味も中くらいでした。
しかしながら「トマトモツ煮込み」の破壊力といったらない。しっかりと味が染みた肉塊がゴロゴロと放り込まれ、程よい茹で加減のパスタも入って500円は恵比寿の奇跡と言って良いでしょう。自炊より安い。
焼きに入ります。こちらはハラミ。激しい噛み応えに肉そのものの強い味。私の大好きな部位のひとつです。
上が「本日の赤身:トモサンカク」。ササっと炙って素材そのものの味を楽しみます。下は先のハラミね。
「切り落としねぎタン塩」は全然切り落とし感がなく、むしろ綺麗に切りそろえられた風。こちらも薄切りで、ササっと炙って軽い口当たり。
「切り落とし」は千円ポッキリなのですが、希少部位のお得な盛り合わせであり、見た目さえ拘らなければ大そうお値打ち。赤身の美味しい部分もサシの入った所も楽しめナイスです。
内臓系に向かいましょう。こちらは「特選上ミノステーキ」で、ベロンと大きなミノをドーンと焼き、ハサミで好みのサイズにチョキチョキ切りながら頂きます。サクサクとした歯ざわりが楽しい。
コプチャンにシマチョウ。プリプリとした食感に心地よい脂の甘味。まさに優しい悪魔です。
「コリコリ」は名前そのままにコリコリとした食感で、大動脈の部分だそうです。カレー風味の調味と共に病みつきになる味わい。
お食事に「特製冷麺」。スープは澄んでいるものの旨味は強く、モチモチとした食感の麺にピッタリです。
「うしごろ特製カレー」が絶品。序盤の「トマトモツ煮込み」の上を行く肉の量であり、液体というよりも個体に近い食べ応え。これで500円は大変お値打ち。カレー屋を開けば大繁盛間違いなしです。
以上を食べ、そこそこ飲んでお会計はひとりあたり8千円弱。くわー、これは良心的だなあ。これだけ上質な肉をたっぷり食べて、場所や鉄板・ガス台まで用意してもらってこの支払金額は自宅での焼肉パーティーより安くつくかもしれません。冒頭に記した通り、コースであれば飲み放題も付けれるようなので、よく飲む仲間とワイワイやる際は是非どうぞ。
ちなみに当店はディナーのみの営業ですが、同じ恵比寿の「恵比寿焼肉 うしごろバンビーナ ヒルトップ店」はランチもやっており、これまた大変な費用対効果なのでオススメです。

食べログ グルメブログランキング


関連記事
それほど焼肉は好きなジャンルではないのですが、行く機会は多いです。お気に入りのお店をご紹介。
そうそう、肉と言えばこの本に焼肉担当として私のコメントが載っています。私はコンテンポラリーフレンチやイノベーティブあたりが得意分野のつもりだったのですが、まあ、自分の評価よりも他人の評価が全てです。お時間のある方はご覧になってみて下さい。

《牛革製》うさぎマークのレザーミニ財布/ボルドー

《牛革製》うさぎマークのレザーミニ財布/ボルドー:私たちは毎日「パーソナライズテクノロジー」の約束を約束します。 こんばんは。 本日、届きました。 色も形も可愛いお財布です。大切に使わせて頂きます。有り難うございました。m(_ _)mネットワーク全体の最低価格に挑戦,当季大流行,2021年新作入荷《牛革製》うさぎマークのレザーミニ財布/ボルドー